投稿日:2022年4月4日

雨漏りかも?と思ったらするべき応急処置法

こんにちは。
兵庫県西宮市に拠点を置き、近畿圏内で活動している株式会社Style-Sです。
弊社は外壁工事や止水工事、漏水工事を専門としている工事業者です。
近年、台風による雨風の被害が増加傾向にあります。
築年数が経っている建物は、雨風から受ける影響が大きくなりやすいです。
もしかしたら、気付かない内に雨漏りしている可能性も考えられます。
そこで今回は、雨漏りしやすい箇所と外壁補修工事を行うまでにできる緊急対処法をご紹介いたします。
ぜひ、ご自宅もチェックしてみてください。

雨漏りしやすい場所


雨漏りとは、雨が住宅などの建物内に染み込み木材などを腐食させている状態のことです。
では、どのような場所が雨漏りしやすいのかをご紹介いたします。

1.屋根

住宅の中で一番雨漏りしやすい箇所が屋根です。
屋根には、雨だけでなく太陽の熱などからも住宅を守る役割があります。
住宅を守る重要な場所ではありますが、一番目の届かない場所にあるため、雨漏りなどに気付きにくい傾向にあります。

2.外壁

外壁も屋根同様に、雨や太陽の熱などから住宅を守っている場所です。
これらの要因から住宅を守るために、外壁には防水塗装やコーキング材が塗装されています。
しかし、年数が経過して塗装やコーキング材が剥がれ、外壁にダメージが蓄積されていくと雨漏りが発生してしまいます。
もし外壁にひび割れや塗装の剥がれがあれば、いち早く外壁補修工事が必要です。

3.ベランダ

ベランダも雨が入りやすい場所です。
経年劣化によりひび割れが発生したり、防水シートが剥がれたりすることによって雨漏りを引き起こします。
また人の出入りも多い場所であるため、他の場所よりも傷みやすい傾向にあります。

工事依頼までの応急処置法

1.屋根からの雨漏りの場合

屋根から雨が伝い、天井から雨漏りするケースがあります。
天井から雨漏りが見られる場合は、いち早く専門業者に原因調査と修理依頼を行うとともに、雨漏りを広げないように応急処置を行いましょう。
処置方法は、雨漏りしている箇所にバケツとブルーシートを広げ、他の箇所に水が染み込まないようにします。
またバケツの中に雑巾を入れておくと、水音が気にならないのでおすすめです。
いち早く状況を解決したいがためにご自身で屋根の状況を確認するのは、大変危険なためできるだけ控えるようにしましょう。
転落事故などにつながる危険性があります。

2.外壁の雨漏りの場合

まずは、外壁にひび割れや傷がないか確認しましょう。
もしあれば、傷から雨が侵入し雨漏りを引き起こしている可能性が考えられます。
傷などを発見した場合は、傷を覆うようにブルーシートなどを張ってカバーしましょう。
ひび割れの程度によっては部分修理で済む場合もありますので、一度専門業者に調査してもらい今後の対応を一緒に考えましょう。

住宅を守るために!定期的に補修工事を


今回は雨漏りをテーマにお話しましたが、他にも建物が傷む原因はたくさんあります。
できるだけ良好な状態で維持するために、定期メンテナンスを行うようにしましょう。
その都度、必要な改修工事のみを行うことで、安心して長く住み続けることができます。
外壁補修工事をはじめ、止水工事や漏水工事のことなら、株式会社Style-Sにご相談ください!
最後までご愛読いただき、誠にありがとうございました。

株式会社Style-S
〒663-8003
兵庫県西宮市上大市5-10-13-102
TEL:0798-61-2189 FAX:0798-61-2289


関連記事

お客さまの大切な建物をプロがお守りいたします!

お客さまの大切な建物をプロがお守りいたし…

こんにちは!株式会社Style-Sです。 弊社は兵庫県西宮市に拠点を構え、近畿一円の戸建て・マンショ …

『美観』と『機能性』にこだわった施工をいたします!

『美観』と『機能性』にこだわった施工をい…

こんにちは!株式会社Style-Sです。 弊社は兵庫県西宮市に拠点を構え、近畿一円の戸建て・マンショ …

お見積りは無料!外壁工事に伴う施工一式に柔軟に対応♪

お見積りは無料!外壁工事に伴う施工一式に…

こんにちは!株式会社Style-Sです。 弊社は兵庫県西宮市に拠点を構え、近畿一円の戸建て・マンショ …

お問い合わせ  弊社の強み